健康で幸せな
生活のために。

人体に対し謙虚な姿勢で。

腰椎分離症

腰椎分離症・疲労骨折

その治療はあなたにとってベストですか。
「分離」しているから痛い?
「すべり症」になる?
言葉だけに惑わされないこと。

1782年に発見された腰椎分離すべり症。まだ解明がされていないことも多い病気です。
腰椎の分離(疲労骨折)は、腰痛が全くない人にたまたま検査で判明することの方が多くあります。
ですから、腰痛のほんとうの原因が分離かどうかが大切なポイントになります。

放置して良いわけではありませんが、この病気だけが原因で手術が必要になったり、後遺症になったりした方はほとんど居ません。

注1)遺伝性が強い。実は分離症は家族内発生が多く報告されています。


患者さんの価値観によって治療は変わる。

あなたが治したいのは、
腰の痛みですか? 
それとも分離していることですか? 
スポーツのパフォーマンスですか?

上記は全て診療・治療方法が異なります。


コルセットをしたのに、骨がくっついていないと言われた!

コルセットをしたのに骨がくっつかない人がいますが、
最初からくっつく見込みが全くない人の特徴が判明しています。
また、将来【すべり症】になる確率も患者さんの背景別に徐々に判明してきています。
腰痛から解放されることと、骨がくっつくこととは別の問題ではありますが、
無駄な努力や無駄な時間や治療費を費やさないようにしましょう。


分離症 サッカー

以下のようなことで悩んでいるなら相談を。

・3ヶ月〜半年はスポーツや体育を休むように言われた。
・コルセットをして安静にしたのに、骨がくっつかない。
・痛みは無いのに治療が必要と言われた。
・レントゲン検査をしただけで3ヶ月休むように言われた。


診察時間のご案内

診察時間
08:30~11:45 予約
15:30~18:45
18:45~19:45

・◎土曜日は12時45分まで。
・▲水曜日は 再診のスポーツ予約のみです(初診の方は予約不可です)。

 

休診 日曜祝日

初診の方 午前は11時30分が最終受付
午後は18時30分が最終受付