健康で幸せな
生活のために。

人体への謙虚さと共に。

腰痛

注意)このページの内容は、万々クリニック院長が、スポーツ現場や長年の診療で培った私見も記載されております(一般的に周知されている内容と異なる部分もあります)。


 日本人の約2,800万人が腰痛で悩んでいます。だから珍説、俗説、奇説がひしめきあいます。
 患者さんは、病名とメディアに洗脳されていると言えます。


15%が心配しなければならない腰痛。

 腰痛患者さんの85%は、「(誰もが納得する)原因が特定できないもの」です。この「原因が特定できない腰痛」こそが、心配しなくてよい腰痛です。
 むしろ「原因がはっきりする腰痛」の方が問題になります。例えば、骨のガン(乳がんや前立腺がんの転移etc)、骨の感染(化膿性脊椎炎etc)、骨の圧迫骨折(骨粗鬆症etc)、内蔵の病気(尿路結石、腹部動脈瘤、膵炎etc)、神経根症状のある腰痛(椎間板ヘルニアetc)などが該当します。
 診療所やクリニックで、問題のある腰痛ではないという確認のための医師の診察が、腰痛が良くなるまでは継続的に必要になります。


心配不要の腰痛の治療は難しい。

 85%の「心配不要の腰痛」ですが、「早く痛みが取れる」という意味ではありません。原因が特定できないからこそ、効果的な治療が存在せず、すぐ痛みが取れる人もいれば、何年も悩む人もいます。
 さらに、日本の腰痛治療(病院、診療所)や施術(接骨院、整骨院 等)では、腰痛は治しにくいのが現状です。その理由の一部を紹介します。

理由1:日本の文化や国民性、医学教育として、「腰痛は形の異常が一番の原因」と捉えている(狭くなっている、曲がっている、出っ張っている、凹んでいる、ずれている、歪んでいる、折れている、割れている、捻れている、膨らんでいるなど)。しかし、実際は腰痛の原因は形の異常ではなく、むしろ形以外にヒントがあることが多い。


理由2:日本は、あたりまえの治療、教科書的な治療、標準的な治療を重視する医療である。もちろんそれによって、どこの病院や接骨・整体院でも平均的な医療や医業類似行為は受けられるメリットはある。しかし見方を変えれば、どこの病院・接骨整骨院、整体院に行っても「同じような治療や施術で治らない」とも言える。



レントゲン検査は?  MRI検査は?

 MRI検査やレントゲン検査は腰痛の診断的な有用性は極めて低いと言われています。検査が不要と言っているわけではありません。ただ、画像検査は基本的に、「今の腰痛が、命に係るような異常や、後遺症を残すような大きな異常とは関係がない」ことの確認のためであって、「腰痛の原因を調べる」ものではありません。
 また、形の異常(ヘルニア・変形・分離・狭窄・すべりなど)が検査で見つかっても、痛みがない人のほうが多いことがわかっています。ですから、病名や形のことだけで病態の善し悪しはわかりませんので、「ヘルニアがあるから」とか、「骨盤が歪んでいるから」、「変形があるから」、「神経がつぶされているから」、「脚の長さが違うから」、「姿勢が悪い」、「疲労骨折があるから」などという表現だけに惑わされないようにしてください。


もっと血液検査をしよう!

万々クリニックでは、腰痛が長引く時は、血液検査を積極的に行います。中高年の腰痛の方は、初診時にしても良いとさえ考えています。腰のMRIなどの精密検査をすべきかどうかの判断にもなりますし、意外と体の色々な情報が得られます。




治療は?

 治療方法は、病名で決まるわけではなく、年齢、性別、過去の病気の有無なども含めた患者さんの状況で決まります。治すのは痛みではなく、患者さんとも言えます。
 腰だけを診察するのではばなく、股関節や骨盤、患者さんの思考や、社会環境まで診察する必要があります。


診察時間のご案内

診察時間
08:30~11:45 予約
15:30~18:45
18:45~19:45

・◎土曜日は12時45分まで。
・▲水曜日は 再診のスポーツ予約のみです(初診の方は予約不可です)。

 

休診 日曜祝日

初診の方 午前は11時30分が最終受付
午後は18時30分が最終受付