健康で幸せな
生活のために。

人体に対し謙虚な姿勢で。

オスグッド病

注意)このページの内容は、万々クリニック院長が、スポーツ現場や長年の診療で培った私見も記載されております(一般的に周知されている内容と異なる部分もあります)。


オスグッド

剥がれる? 出っ張る? 手術になる? 
まだまだ解明されていないことも多い病気です。

オスグッド病は、膝の下の脛骨(スネ)に痛みや骨の隆起などがおこります。思春期に成長を遂げている時に、サッカー、バスケットボール、バレエなど、ジャンプしたり、急激に方向を変えるスポーツに参加している子供に最も頻繁に発症すると言われています。


いったい何が問題なのか?

ほとんどの患者さんが、痛みはいずれ良くなりますし、骨が出っ張っても、膝の動きには障害は残りません。
問題なのは、痛みが強かったり不安がある中では、大切な時期に、質の高い良い練習やトレーニングが出来ないことにあります。
また、選手自身が、【オスグッド病を通して体の勉強をする】というチャンスを逃すことも問題です。これは特に保護者の方が、「子供の痛みを取ってあげたい」という気持ちがお強い場合に多く見受けられます。


オスグッド病を治すのではありません。選手を治すのです。

万々クリニックでは、オスグッド病は病気と考えません。ですので、診療中も選手の前ではオスグッド病という病名は極力使用しません。そうしないと、オスグッドという病名に支配されてしまいます。すべきことは、選手がオスグッド病を支配することです。


オスグッド

治療の目標は、痛み取ることではなく、痛みを理解すること。

痛みを取ることが治療であると考えている人を多くみます。そうではありません。痛みはオスグッド病が出しているわけではなく、患者さん(選手)の体が、膝に負担がかかっていることを教えてくれている警告(防御機構)なのです。
治療は、膝の下(スネ)に負担がかかりにくいように選手や指導者がトレーニング方法を工夫していくことです。
選手や保護者の中には、「痛みが取れなくて治らない」とか「痛みがあり、ずっとスポーツを休んでいる」、「いったいどうやったら痛みが取れるのか?」と考えて居る方がいらっしゃいますが、それでは余計なストレスを抱えることになります。


早期発見・予防

早期発見や予防はかなり困難です。というよりも、画一的なことがわかっていません。
身長が急に伸び始めるころから、伸び率がピークに達するころまでの期間に多く発症するとの意見もありますが、身長の伸び率は関係しないとの意見もあります。
また、スポーツ活動の時間との関係があるという意見もある一方、あまり関係ないという意見もあります。


オスグッド

オスグッド病を悪化させる動きは?

オスグッド病を悪化させる動きには、ジャンプの着地動作があります。特に片脚での着地は負担をかけると言われています。また、急なストップ動作や、急な方向転換もそうです。逆に、負担が少ないとされているのは、ダッシュや180度ターンといわれています。


ところで、痛みの原因は本当にオスグッド?

オスグッドと言われた選手の中には、実は痛みの原因は他にあるケースをよく見かけます。特に、痛いところとは離れたところ(股関節など)に原因がある場合は、治療は全く異なりますので、万々クリニックなどの医療機関を受診してください。


注意! 別の病気が隠れていることもあります。

「成長痛だからたいしたことない」、「病院には一度かかっただけ」、「痛い時は接骨院や鍼灸院で電気やマッサージ」では、気がついたときには他の問題が出ている事があります。
例えば、太ももの筋肉が小さくなったり、
軟骨や半月板の病気が隠れている場合です。骨肉腫のこともあります。必ず医師の診察を定期的に受けてください。


TIPS

【ストレッチ】ストレッチは大切ですが、オスグッド病の治療にはなりません。痛いのにストレッチをしては、さらに柔軟性は失われていきます。
【アイシング】アイシングは治療とは言えません。練習後に5-10分程度は良いでしょう。練習中に頻繁にアイシングをしたり、痛みを氷の冷たさで麻痺させるは良くありません。
【サポーター】サポーターやテーピングはオスグッドの根本治療ではありません。痛みを楽にする手段のひとつです。意味が無い訳ではなく、根本的に治るまでの間、スポーツをしやすくするための「痛み止め」の役割ですので、うまく使えば武器になります。サポーターやテーピングをしている間も痛みが楽にならない場合や、かえって悪くなる場合はすべきではありません。


診察時間のご案内

診察時間
08:30~11:45 予約
15:30~18:45
18:45~19:45

・◎土曜日は12時45分まで。
・▲水曜日は 再診のスポーツ予約のみです(初診の方は予約不可です)。

 

休診 日曜祝日

初診の方 午前は11時30分が最終受付
午後は18時30分が最終受付