けが つめ おしり しこり 足首ねんざ オスグッド病 サッカー医学 整形内科


MAMA CLINiC 外科・整形外科・スポーツ医学

外科スポーツ かかりつけ医


スポーツの痛み(使い過ぎや故障)
きっかけが無いのに痛い
最初は違和感だったのに、練習中にも痛くなってきた

 ケガをした訳でもないのに痛くなったり、最初は練習の後だけ痛かったのが、練習中も痛くなって来たりする故障が、「スポーツ障害」と呼ばれるものです。特に、腰や股関節、膝や足に良く起こります。
 実は、ほとんどのスポーツ障害が、検査には異常がないか、検査で異常があっても痛みとは関係がありません。ですので、病院に行っても休むかリハビリ。接骨院に行っても電気やマッサージのみでしょう。痛みとは関係のないところを治療しているケースも見かけます。

休まなくても痛みが取れる場合があるとしたら、どうですか?
痛みの理由が、単なる使い過ぎや疲労ではないとしたら?
付いた病名が、痛みの理由ではないとしたら?

万々クリニックに確かめに来て下さい。


痛みの理由ではない可能性がある病名

下記の病名がついた場合は、ほんとうの痛みの原因ではない可能性があります。万々クリニックに確かめに来院を。

腰や股関節

腰椎分離症・腰の疲労骨折・腰椎椎間板ヘルニア・鼠径部痛症候群・股関節臼蓋不全 など

オスグッド病・ジャンパー膝・鵞足炎・ランナー膝・分裂膝蓋骨・半月板障害 など

下腿

シンスプリント・こむら返り など

足首・足

サッカー足・フットボーラーズアンクル・外脛骨障害・足底筋膜炎・踵の疲労骨折・成長痛・アキレス腱炎・三角骨障害 など



慎重に治療が必要な病名

骨盤疲労骨折・内転筋損傷・膝の離断性骨軟骨炎・円板状半月・半月板バケツ柄断裂・脛骨疲労骨折・ジョーンズ骨折、手および足の舟状骨疲労骨折 など