高知県高知市のサッカー医学を得意とするクリニックです。外科 整形外科 形成外科 スポーツ整形外科 スポーツ内科 疼痛緩和 整形内科 
医療法人村山会 外科・整形外科・スポーツ医学

         
  ☎︎ 088-820-1177

保護者の方へ



スポーツの診療は山登り
頂上に登るのは選手です。私は、山岳ガイドで、選手やチームが提出した登山計画に合わせて、登山ルートや日程のアドバイスや備品の準備のお手伝いをします。しかし、山は自然のものです。雪崩や雨、霧や風、噴火もあるかもしれませんし、途中で道が崩れているかもしれません。早く登頂しなければならない選手は、装備を固めますが、危険とも隣り合わせになります。



病名社会、ニッポン。
日本は病名が重要視され、診療も病名で治療が決められます。生命保険会社の傷害保険なども病名で保険料の支払が決められて行きます。
しかし、痛みの診療やスポーツの診療には、安易な病名は治療の邪魔になることが多くあります。
この問題を解決するのは、皆様と私どもの信頼関係です。このHPを通じて、「まあ信用してみようか」というお気持ちになれたら良いと考えます。


約束は守って欲しい
万々クリニックは、怪我や故障をしていても、重要な試合が控えている場合などは休まずに、スポーツに向き合ってもらうような診療をしています。実際、多くの選手がケガをしても試合や大会に臨んでもらってます。しかし、それはお互いの信頼関係や相互理解があって成り立つものです。 試合が終わったら、そのままで治療にも来ないし、連絡も無い場合は非常に困ります。私やスタッフは、ケガや故障を抱えながら大会に臨んだ選手の事をいつも考えています。



接骨院や整骨院のこと
「病院で検査だけしてきて」「病院で病名を病状を聞いてきて」。よくあるシーンです。接骨院(柔道整復師さん)で、病院で検査だけしてそれを接骨院の施術に利用するという手法です。悪いこととは断言できませんが、未成年の選手には酷な話しです。やはり接骨院と万々クリニックとの「顔の見える関係」「信頼関係」が答えのようですね。


どのくらいで治りますが? 部活はしていいですか?
万々クリから、「部活動禁止」と指示することは原則的にありません。治るまでの日数ですが、当然「治る」とはどういう状態かによります。痛みが無くなることなのか、傷ついた靭帯や骨がくっつくまでのことなのか、サッカーの練習ができるまでか、公式戦に出場できるまでのことなのか?? 万々クリでは、骨が折れているけれど、公式戦に出場する選手も多数居ます。一方、単なる打撲ですが、休む選手も居ます。
スポーツ活動をするかどうかは、チーム事情や選手の立場、性格によって異なります。要は、決めるのは現場です。万々クリは現場で判断するための情報のひとつを提供する立場です。でもそのことは、現場の皆さんにも責任が発生することを意味します。お互いに歩み寄って、選手やチームのためにベストを尽くしましょう。

万々クリが、スポーツの禁止を指示しないことは、リスクがないことではありません。
交通事故を例えにして説明しますね。
 事故による死亡者数は年間で4,000人です。医療の世界では、年間4,000人が無くなるような行為は当然、絶対禁止です。ですので、病院では「自動車運転禁止です!」となります。
 ですが、かといって自動車の運転を皆さんは止めますか? 止めませんよね。これがスポーツ現場です。要はリスクを大幅に上回るメリットや必要性を感じている訳ですよね。
 でも注意してもらいたいことがあります。毎回リスクを犯し、ただ何も考えないで「たかが怪我くらい」という姿勢ですと、大切なときにプレーができなくなるわけです。上述の交通事故に例えると、交通ルールを守らないと死亡率は高まる訳ですし、そのルールが何故必要かを知っていないといろんな想定外の状況に対応しきれないのです。
 ケガや故障をしていてもスポーツをする場合は、特にリスクやスポーツ医学を理解(説明を受ける)した上で、行動すべきであると考えます。


スポーツ振興会の書類について
学校でのケガや、部活動でのケガはスポーツ振興会で治療費の補助が受けられます。振興会の書類は、万々クリニックでは他のほとんどの医療機関と同じように無料で記載(院長の印鑑も捺印)しております。振興会の書類をお渡しするのは翌月の15日以降にお渡しします5日に提出の締め切りの学校が多いようですが、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。



生命保険会社の傷害保険等について
個人で加入されている生命保険会社の傷害保険も請求が出来ます(こちらの書類の証明料金は有料になります)。なお、通院日や病名の確認、ギプス固定期間の確認などは、保険会社様の担当者でも患者様でも、お電話での回答は行っておりませんのでご了承下さい。通院日は領収書で行えるはずですので紛失されないようにお気をつけ下さい。
クラブや少年団・地域スポーツでのケガ
個人で加入している傷害保険のほかに、その所属団体で『団体スポーツ保険』に加入している場合が多いので、こちらもご相談下さい。


電話での問い合わせはご遠慮下さい
病名や通院日の確認は直接窓口へ
 上述したように、スタッフ数名の個人診療所ですので、お電話でのお問い合わせに仕事の手を止めカルテを見てご回答する状況ではありません。大変申し訳ありませんが、直接窓口にいらっしゃってください。なお、正しい病名が必要な書類は医師が記載するものですし、通院日は領収書で確認を頂けるはずです。