高知県高知市のサッカー医学を得意とするクリニックです。外科 整形外科 形成外科 スポーツ整形外科 スポーツ内科 疼痛緩和 整形内科 
医療法人村山会 外科・整形外科・スポーツ医学

         
  ☎︎ 088-820-1177

陥入爪・巻き爪

爪を切る手術はしないで治すのがベスト

巻き爪は性別・年齢にかかわらず非常に多くの方が抱えているトラブルです。
 痛くてたまらないため爪を自己判断で深く切ったり、病院で出された抗生物剤や痛み止めなどにより、その場しのぎの治療をしていませんか?
 近年、巻き爪の治療は「手術」から「矯正」をすることが多くなりました。矯正にも多くの種類があります。
 当クリニックでは保険治療を中心にしていますが、症状に応じ爪に弾性ワイヤーを使用して、巻いた爪が平らになるように矯正していきます。

ワイヤー矯正(保険外診療です)


超弾性ワイヤー(2種類から選びます)を用いた巻き爪の矯正治療です。爪の先端もしくは両端に固定するだけですので、痛みありません。
 爪矯正治療は完全予約制です。まずご来院いただき、診察後にご予約を承ります。1回の施術時間は1趾あたり15~20分です。施術後は靴も履けますし、入浴も可能ですし、運動スポーツの制限も基本的には必要ありません。1~2ヵ月に1回ワイヤー交換を行います。治療期間は半年から1年ほどになります。
※爪の状態によっては治療を行っても改善しない場合があります。
※最近、レーザーによる矯正治療も行われているようですが、理論的には矯正治療と同じです。私はレーザーは致しません。

爪の症例集

陥入爪による炎症です。

巻き爪です。

深爪による肉芽です。

ステープル型の巻き爪。

左は湾曲のため。右は深爪のため。

ワイヤー留置直後。