万々クリニックについて

外科・整形外科・スポーツのかかりつけ医

スタッフですが、医師は院長のみ、受付1名、看護師数名というコンパクトな診療所です。駐車場も待合も建物も一般の整形外科のように広くはありません。どちらかというと接骨院的な小さな個人の診療所です。しかし、院長の熱意や、医療機器はスポーツ医学の視点で最高クラスのものを準備しています。画像検査は、レントゲン検査と超音波検査(エコー)を常備(MRIとCT検査は提携先の病院)。手術に関しては、傷の縫合や、巻き爪の手術や、皮膚腫瘍の摘出、いぼ痔の注射手術などであり、大きな手術は致しません。労災指定医療機関です。


どんな病気を診療するか?

【スポーツ】足首捻挫、膝内側じん帯損傷、オスグッド病、肉離れ、疲労骨折、シンスプリント、腰椎分離症、骨盤裂離骨折、足底筋膜炎、三角骨症候群、タナ障害、ジャンパー膝、Hoffa病、鼠径部痛症候群(グロインペイン)、鎖骨骨折など。
【けが】切り傷、擦り傷、骨折、脱臼、打撲、ねんざ、やけど など。
【その他】膝痛、腰痛、ガングリオン、粉瘤、脂肪腫、ひょう疽、巻き爪 など。


連携・紹介

MRI検査やCT検査は提携病院でして頂きます。
手術が必要な場合は、高知大学病院、近森病院、高知赤十字病院、細木病院、高知医療センターなどにご紹介いたします。
依頼手術例:前十字靭帯断裂、半月板手術、舟状骨骨折、ジョーンズ骨折、顔面骨折、転位のある橈骨遠位端骨折など。


クリニック風景