けが つめ おしり しこり 足首ねんざ オスグッド病 サッカー医学 整形内科

医療法人 村山会

外科・整形外科・サッカー医学


指導者の方へ

病院プラス接骨院
 接骨院での、「電気治療」「テーピング」「整体」と、病院でないと受けられない「レントゲン・MRI検査」「傷の治療」「麻酔が必要な治療」「血液検査」「注射」「薬の処方」の両方を 行っています。

指導者の皆様へ
 指導者のお考えによって、「治療の目標」は異なると思います。そのことを考慮し治療にあたりますが、特に高校生以下のまだ精神的に未熟な選手の治療方法選択では迷う時もあります。指導者(保護者)の皆様も、相互理解にご協力頂くと幸いです。


治療コンセプト
 選手のケガや故障を、スポーツという視点から治療していきます。可能な限り、ケガや病気ではなく、選手を診るように努力しています。ですから同じケガでも、<選手の性格、体格、年齢、理解度、ポジション、競技能力、チーム状況、指導者・保護者の考え方、将来の希望 など> によって治療方法は変えなければならないと考えています。

選手はスポーツカー、私はファミリーカー
 治療を車の修理に例えると、選手はフェラーリやポルシェに代表されるスポーツカーです。プロはF1マシーンでしょうか。目的が速くかっこ良く走ることで、私のように近所に買い物にいくためのファミリーカーではありません。当然、スポーツカーやF1カーを町の工場で修理する事はないのと同じように、スポーツドクターの居る病院で治療になります。修理方法も違います。
 そう考えると、メカニック(ドクターやトレーナー)の重要性やエンジンオイル(食事)やタイヤ(シューズ)の重要性も理解しやすいのではないでしょうか。

病名は? ネットの情報と違う?

病名の危険性。

 怪我であっても、故障(痛み)であっても、「病名」をつけることは難しい場合が多いですし、そのことが選手のメリットになることもあまりありません。上述したように、治療方法も治るまでの日数も、病名で決まる訳ではありません。万々クリでは同じケガや故障でも選手によって治療方法は変えていますし、競技復帰までの方法も個別に判断しています。
 指導者や保護者の方に現状をお伝えするための「病名」をつけるようには努力しますが、「病名」だけですべてを判断されるのは危険です。その理由を例をあげて以下にご説明します。

・「腰椎分離症」という病名だとしても、以下の3つの病状が選手にありえます。
1、腰痛の原因の全てが腰椎分離である選手
2、腰痛の原因の一部に腰椎分離がある選手(他にも原因がある)
3、検査で腰椎分離はあるが、腰痛の原因は腰椎分離ではない選手
上記の「3」のケースの場合、関係者の方々が腰椎分離症として認識されたら選手にはマイナスになります。
「検査で病気が存在する」ことと、「それが痛みの原因である」ことは別に考えなくてはいけません。要は、「検査では異常がないのに痛みがある」選手はたくさんいますし、逆に、「検査で異常があっても痛みがない」選手も多いということです。

・「足首ねんざ」という病名の場合。
骨折をしていなくても、骨折よりも復帰まで時間がかかることは多いですし、ケガしてすぐは検査では骨折はわからないこともあります。ですので、病名(検査等)で重症度が判断される訳ではなく、ケガをした場所の腫れと痛みの程度が重要になります。

「病院で何と言われたの?」「病名は何と言われた?」

 選手たちは、顧問の先生や監督、コーチ、保護者の皆様に対し、私どもからのケガの状況を正しく伝えきれていないことを経験します。わかりやすくご理解頂くために、少し病状をニュアンスを変えて選手に伝える工夫や、「顧問の先生にはこのように伝えなさい」との声かけもしていますが、それが裏目に出ることもあります。
 ですので、大会前とか、中心選手であるとか、チームに大きな影響を与える場合は、大人の方(特に指導者)が直接説明を聞きにきて頂きたいと思います。前もってご連絡くだされば極力時間をとります。

どのくらいで治りますか? 部活はしていいですか?

万々クリから、「部活動禁止」と指示することは原則的にありません。

 治るまでの日数ですが、当然「治る」とはどういう状態かによります。痛みが無くなることなのか、傷ついた靭帯や骨がくっつくまでのことなのか、サッカーの練習ができるまでか、公式戦に出場できるまでのことなのか?? 万々クリでは、骨が折れているけれど、公式戦に出場する選手も多数居ます。一方、単なる打撲ですが、休む選手も居ます。
 スポーツ活動をするかどうかは、チーム事情や選手の立場、性格によって異なります。要は、決めるのは現場です。万々クリは現場で判断するための情報のひとつを提供する立場です。でもそのことは、現場の皆さんにも責任が発生することを意味します。お互いに歩み寄って、選手やチームのためにベストを尽くしましょう。

万々クリが、スポーツの禁止を指示しないことは、リスクがないことではありません。
交通事故を例えにして説明しますね。
 事故による死亡者数は年間で4,000人です。医療の世界では、年間4,000人が無くなるような行為は当然、絶対禁止です。ですので、病院では「自動車運転禁止です!」となります。
 ですが、かといって自動車の運転を皆さんは止めますか? 止めませんよね。これがスポーツ現場です。要はリスクを大幅に上回るメリットや必要性を感じている訳ですよね。
 でも注意してもらいたいことがあります。毎回リスクを犯し、ただ何も考えないで「たかが怪我くらい」という姿勢ですと、大切なときにプレーができなくなるわけです。上述の交通事故に例えると、交通ルールを守らないと死亡率は高まる訳ですし、そのルールが何故必要かを知っていないといろんな想定外の状況に対応しきれないのです。
 ケガや故障をしていてもスポーツをする場合は、特にリスクやスポーツ医学を理解(説明を受ける)した上で、行動すべきであると考えます。